フェイキックIOLとは何か?

東京ICLガイド管理人フェイキックIOLは目の角膜の内側に装着するレンズで視力を矯正する目的で装着するレンズです。

現在、2種類のレンズがあり前房型フェイキックIOLと後房型フェイキックIOLのレンズがあります。

2種類あるレンズの種類からさらに目的に応じたレンズを使用することで乱視や禁止の矯正を行うことが出来るレンズです。

前房型フェイキックIOLの特徴

前房型フェイキックIOLの特徴ですが、アルチフレックス型とアルチザン型があります。

まず、アルチフレックス型のレンズの特徴ですが、柔らかいシリコーンで出来ておりわずか3.2ミリほどの角膜を切開した隙間から折りたたんで眼内に入れることができ手術後の視力回復が早いことが特徴です。

レーシックとは違い角膜を削る必要性が一切無いため、レンズを交換することで再度視力強制を行うことができる点が利点になります。

次にアルチザン型ですがこちらはハードコートされたコンタクトレンズのような強度を誇るレンズで特徴としては硬いレンズになり、6ミリほど切開した後に眼内に入れた後に縫合をする必要があるレンズです。

一時的に乱視になることがありますが術後の経過とともに乱視は改善されます。

アルチフレックス型とは違い、交換レンズの度数の幅が広い点が特徴的なレンズがアルチザン型になります。

後房型フェイキックIOLの特徴

カウンセリング

後房型フェイキックIOLの特徴ですが、ICL素材を使用したレンズで近視、遠視、乱視を矯正することが出来、レンズはメンテナンス不要で交換を希望しない限りは永続的に使用することが出来るのが特徴です。

こちらのレンズもアルチフレックス型と同じで柔らかく3.2ミリほどのの隙間から眼内に挿入して固定することで目の視力の矯正をすることが出来ます。

レーシックのように角膜を削らないため見え方の質が自然で歪曲しない見え方になるのが特徴です。

 

フェイキックIOLのメリット・デメリット

フェイキックIOLメリット

フェイキックIOLのメリットですが、レンズの交換をすることで再度視力を矯正することができる点がメリットになります。

レーシックの場合ですと角膜を削るため、一度削ってしまうと再度視力強制が出来ないことが多いため、再度視力を矯正することに関してはフェイキックIOLはメリットがあります。

また角膜の厚さが薄い方はレーシック手術を受けることが出来ないことが多いですが、後房型フェイキックIOLや前房型フェイキックIOLなら視力を矯正が出来ます。

フェイキックIOLのデメリット

目に強い衝撃を受けるとレンズがずれたり外れたりするため激しい運動をする方には向いていない術式です。

また、前房型フェイキックIOLは目の角膜に細胞が減少すると、将来的に後房型フェイキックIOLのレンズに変更しないといけないというデメリットもあります。

また白内障などの手術が必要になった際は、眼内に入れたレンズを摘出する必要があり、何かしら目の治療をする際には摘出する必要があります。

フェイキックIOLのまとめ

要点1.

フェイキックIOLですがレーシックとは異なる手術でレンズを用いることにより視力を矯正するためレンズを交換すれば視力を再度矯正することができます。

要点2.

フェイキックIOLは術後すぐに効果が表れるものと段階的に効果が現れる物があり、また、レンズの種類によっては後に再度手術をする必要があり、目の病気になると目の中に入れたレンズを取り外す必要があります。

要点3.

後房型フェイキックIOLや前房型フェイキックIOLのどちらかを使用して乱視、近視、遠視などの治療を行うがどのレンズを使用するかは医師の元で決定をします。