品川近視クリニックのICLはどうなの?料金や特徴!

東京ICLガイド管理人レーシックで角膜を削ることに抵抗がある、強度近視、メガネをかけずに過ごしたい、裸眼でスポーツを楽しみたい、こんな方に適した治療法がICLです。

永久コンタクトレンズといわれている、眼内にレンズを挿入する方法です。

品川近視クリニックは数々の認定証をもらっているICLを行うクリニックです。ICL以外の症例を含めて125万もの症例実績があります。

ホールICLを使用

女性

ICLは角膜を削らずに眼内にレンズを挿入する治療法で、コンタクトレンズのように毎回レンズを外す必要がありません。品川近視クリニックで使用しているレンズは、ホールICLといって中央に穴が開いていることが特徴です。

安全に配慮をして手術をするとはいえ、100%合併症がないとはいいきれません。また、数年後に目の疾患を発症するリスクはあります。

ホールICLの場合、治療後の合併症である白内障のリスクが軽減します。

白内障は水晶体が混濁することで視力が低下する目の病気です。70代の80%以上が罹患しているといわれています。

白内障はコンタクトレンズなどで目の矯正をしても視力の回復は望めません。白内障になってしまった場合、視力を回復させるために手術が必要です。

ICLの治療を行い、白内障の治療まで行うことに抵抗を感じる方もいるのではないでしょうか。白内障のリスクの低いICL治療法を選べば、目や患者さんの負担が軽減することが期待できます。

品川近視クリニックのICL料金

乱視なし

近視度数-5D未満:46.3万円
近視度数-5D以上:49.8万円

乱視あり

近視度数-5D未満:56.3万円
近視度数-5D以上:59.8万円

 

米国FDA(食品医薬品局)に承認されているレンズを使用

品川近視クリニックでは、フェイキックIOLという眼内永久コンタクトレンズも用意しています。

フェイクックIOLでは、ポリメチルメタクリレートという素材でできたアルザチンタイプのレンズを使用します。

このレンズは米国FDA(食品医薬品局)に承認されています。レンズを折り曲げることができないので強角膜の切開幅が広くなりますが、強度近視や強度乱視の方にも対応をしています。

強度近視の方でメガネをかけていると、レンズが分厚くなることがありませんか。

分厚いレンズのメガネは重く、耳や鼻に重みや痛みを感じることがありますよね。また、コンタクトレンズを使用するにしても毎日のお手入れが面倒に感じることがあるはずです。

フェイキックIOLなら、レンズを眼内に挿入するのでコンタクトレンズのようなお手入れが不要です。メガネのような重さや不快感もありません。

品川近視クリニックでは片目で手術時間が10~30分程度です。3年間の保障期間もあります。

 

品川近視クリニックの実績

品川近視クリニックでは、OPHTEC社よりフェイキックIOLの技術を認められ、ICL認定証、トーリックICL認定証、トーリックICL指導医認定証を取得しています。

また、フェイキックIOLの技術が認められている以外にも、カタリス講習修了証、VISX認定証、ケラリング認定証、Zレーシック認定書なども取得しています。

一度視力を失ったら回復をさせることは難しいです。

万が一にも手術が失敗したことを考えると、ICLに魅力を感じても一歩を踏み出せないこともありますよね?

安心して手術を受けるには技術が認められた医師やクリニックを選ぶことが大切。品川近視クリニックでは、数々の認定証を取得しており、その技術が認められています。

当然アフターケアも充実しています。

術後には翌日・1週間後・1ヵ月後・3ヵ月後・6ヵ月後・1年後の定期健診があり、万が一のことがないように様子を観察します。3年間の保証期間もあって安心です。

品川近視クリニック東京院データ

住所 東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシアオフィスタワー13F
アクセス ・東京メトロ銀座駅より連絡通路あり
・JR有楽町の銀座口・中央口より徒歩1分
診療時間 10:00~20:00(年中無休)
各院 ICLが受けられる3院:東京院、大阪院、福岡院
品川近視クリニック大阪院の無料検査予約へ