ふくおか眼科クリニックのICLはどう?費用や特徴を調べてみた

東京ICLガイド管理人ふくおか眼科クリニック(東京)は、東京都中野区に拠点を構える最先端のICL矯正手術ができる眼科クリニックです。

中野区周辺でICL対応眼科を探しているならご存知の方もみえるでしょう。

院長先生は日本でわずか10名というICLエキスパートインストラクターであり安心して手術が受けられます。レーシックにも対応。

今回はふくおか眼科クリニックについてわかりやすく紹介します。
 

ふくおか眼科クリニックのICL費用は?

ICL価格
施術メニュー 料金
ICL乱視矯正なし 660,000円
ICL乱視矯正あり 660,000円
(※税込み価格、両眼の料金)

適応検査


5,500円(税込)

費用には、術後半年間の検診費用も含まれています。保証期間は3年。

 

ふくおか眼科クリニックの特徴

カルテを見る女性医師

ふくおか眼科クリニックは2022年1月11日に中野に開院したばかりの新しい眼科クリニック。よって院内は新しく綺麗です。

一般眼科から難治性疾患などの難しい病気にも対応しており、レーシックやICL手術も日帰りで受けることができます。東京のICL対応眼科の中でも注目される眼科といえるでしょう。

チーム医療

院長が特徴としてあげているのがチーム医療。

従来は医師が中心でしたが、医師の下につくのではなく、医療従事者同士が意見交換しながら医療を行うという最善医療を施すための考え方です。

実際にチーム医療を行ってきた視能訓練士や看護師がおりサポートしてくれます。

多彩な眼科施術メニュー

手術する医師イメージ

ふくおか眼科クリニックで扱っている手術をあげると、レーシック、ICL、硝子体注射(抗VEGF治療)、オルソケラトロジー、白内障手術、緑内障手術など多くの手術を扱っています。

レーシック手術


レーシック手術は角膜にエキシマレーザーを照射して角膜のカーブを変え、角膜の屈折率を調整する手術で、近視、遠視、乱視を矯正する屈折矯正手術です。

レーシック手術は角膜を削る手術なので一度、手術すると元に戻せません。また、数年後に近視戻りする可能性もあります。

ICL(眼内コンタクトレンズ)


ICLは眼内に専用のコンタクトレンズを埋め込む手術で、角膜を削らないので永久的に安定した視力を保てます。

もし術後のトラブルなどがあった場合、埋め込んだコンタクト取り外して元に戻すことも可能。

IPCL(老眼用ICL)


老眼に対しても遠近両用眼内コンタクトレンズと呼ばれるIPCL(老眼用ICL)の手術もあります。多焦点眼内レンズを応用して開発されたもので、今後も普及が期待されます。

ふくおか眼科クリニックの医師

院長とICL認定医の証書
(引用:ふくおか眼科公式サイト)

ふくおか眼科クリニックの福岡佐知子院長は多くの資格を持ち、賞も受賞しているので腕は確かです。

特に院長は「ICLエキスパートインストラクター」という日本国内でも10人しか持っていないICL資格を持っています。

ICL施術を行うには資格が必要なのですが、その中で最高ランクのものです。

ICL手術の執刀を希望する医師の手術に立ち会ってライセンスを出せる立場であり、安心してICL手術が受けられるでしょう。

経歴紹介

[院長] 福岡 佐知子


川崎医科大学附属病院 眼科
姫路聖マリア病院 眼科
多根記念眼科病院 部長
多根記念眼科病院 副院長
多根記念眼科病院 非常勤医師 手術執刀医
ふくおか眼科クリニック中野 院長

エキスパートインストラクター在籍眼科(東京)

 

ふくおか眼科クリニックのICL手術

エボプラスICLレンズ

ふくおか眼科クリニックの福岡佐知子院長は、ICLにおいて他の眼科医に指導する立場の医師なので、安心して信頼して手術を受けることができます。

院長は、VISIX社製のレーザーで行うレーシックインストラクターでもあり、ICLとレーシックそれぞれのメリット、デメリットをしっかりと把握しています。

レーシックに関してネガティブなことを思っている方いるかもしれませんが、どちらが良いとはなく、それぞれの特徴を生かして手術してもらえます。

患者に合った治療を推奨して提案してもらえるので相談してみましょう。

レーシックとICLのメリットとデメリット

レーシックは手術で角膜を削ってしまうというデメリットはありますがメリットも大きいです。

第一にはICLに比べると安い料金で手術を受けることができます。それから手術の精度が良く、細かい調整ができ、手術の成功率は98%を超えています。

ICLは手術の成功失敗に関わらず、元の状態に戻せるという可逆性の性質を持っています

強度近視、角膜が薄いなどの理由でレーシック手術を受けられなかった人も、ICLならかなりの確率で受けられます。

公式サイトでも説明があるようにリスク説明などもしっかり記載されており、滅菌技師の資格を持つスタッフも在籍しています。

ICLのデメリットは料金が高いこと。そして手術で使われるスターサージカル社製の眼内レンズはアメリカで作られるため、適切なレンズを入手するのに時間がかかります。

 

ふくおか眼科クリニックの詳細データ

ふくおか眼科クリニックの住所

東京都中野区中野5丁目67-5 2F 4F

ふくおか眼科クリニックのアクセス

・中野駅北口徒歩3分
・中野駅北口バス停徒歩1分

診療時間

9:30~13:00、15:30~19:00

休診日

火曜、土曜午後、日曜、祝日

公式サイト

https://fukuoka-eyeclinic-nakano.com/

あわせて読みたい!