新宿近視クリニックのICLの評判はどう?特徴とおすすめポイント

東京ICLガイド管理人新宿近視クリニックでは最新のEVO+ICL(眼内永久コンタクトレンズ)を使用しています。

従来のICL製品と比較した場合、夜間の光のにじみやぎらつきを少なくすることに成功をしたレンズを使用しているということです。

そのため、従来では夜間において視力が低下する問題がありましたが、最新のEVO+ICLレンズを用いることで夜間視力が減少するという問題を改善しました。

最新のICLレンズを使用

ICLは角膜を傷つけない施術を行うため、以前のレーシック施術とは違い、術後、に角膜に歪みが生じることにより、物が歪んで見えるという問題が起らない点があります。

新宿近視クリニックでは最新のICLレンズを使用することにより、以前のICLレンズの欠点であった夜間の光において視力が減少するという問題を解決したレンズを使用しています。

また、レーシックとの大きな違いとしては、レーシックの施術には近視に戻ってしまうというリスクがありえます。

しかしこちらのICL手術は角膜を削らず、角膜内に特殊なレンズを装着するため、後に視力が加齢などで落ちた際にも安心です。

再度レンズを取り出すことで、また視力の矯正をすることができるというメリットがあります。

新宿近視クリニックではプロの眼科専門医が最も適した治療方針を患者に説明するので安心。

無料で行っているカウンセリングで質問をして正しい知識を持ってからICLをうけます。

衛生管理とアフターケアはしっかり

看護師

目の治療を行うにあたり必要な環境といえば、徹底した衛生管理とアフターケアです。衛生管理の重要さは、とても明白で時には手術の成功にも関わりがあります。

新宿近視クリニックでは衛生管理を厳格化することにより、事故を未然に防ぎます。

万が一に術後に視力が減少してしまった場合においては再度、一部の手術を除いて再手術を無料で受けられます。

新宿近視クリニックでは、術後に定期検診制度をもうけており、術後は手術翌日、翌々日から1年後を目安に再度、新宿近視クリニックに来院してもらうことでアフターケアサポートをしてもらえます。

新宿近視クリニックは、検診の際に何か目について困っている点や疑問点、不安なことがあれば担当医師に相談できます。

ICL手術の流れ

新宿近視クリニックでは患者一人一人に合わせた治療を無料カウンセリングにより相談しながら決定します。

患者の目の状態に合わせた治療を行うので、近視・乱視・遠視・不正乱視など、様々な患者の悩みを解決するよう努力してくれます。

患者一人一人、病状が違いますので症状に応じた治療のみを行います。

治療の流れ

まず無料のカウンセリングをインターネットや携帯サイトで予約した後に来院し、目の治療に当たり、ICLなどの視力矯正する適性検査を行います。

適正が認められた場合にのみ手術ができると判断され、適正がないと判断した場合はICL以外の方法で目の視力改善の治療になります。

適性が認められた患者は、専門医が各自に合わせたレンズを用意されます。

その後目の状態を再度チェックして問題が無ければ手術です。

術後、手術翌日から1年以内に再度来院して、患者の目の状態を確認する術後検診を受けます。

その際、目に対して不満な点があれば担当医に申し出ることができます。

ICLは再手術保証が3年間あるので、何らかの原因で視力が減少してしまった場合、3年間は追加費用なしで再手術を受けられます。

その際に発生する定期検診も、何度でも受けることが出来るので安心できます。