杉田眼科(東京)のICLはどうなの?費用や特徴を解説!

杉田眼科(東京都葛飾区)

東京ICLガイド管理人東京都葛飾区の杉田眼科では、国内で唯一厚生労働省が認可したフェイキックIOL・ICLを行っています。

ICLはレーシックと違い、レーザーを当てるのではなく、眼の中に柔らかいレンズを入れ込む方法です。

この方法だと激しい運動をする人でもずれる心配がなく、また眼病に罹った時は取り外すことも出来ます。

視能訓練士に依る適応検査の後、手術の可否を判断します。
 

視能訓練士に依る精密な適応検査

杉田眼科では、手術が可能かどうかの検査を2時間かけて行います。

適応検査は視力検査から始まり、下記など多くの検査結果を必要とします。

屈折度数検査
角膜厚検査
角膜内皮細胞検査
眼底検査
立体視検査
瞳孔径検査など

その結果を医師が見て、フェイキックIOL手術が可能かどうかを診断します。

フェイキックIOLは、レンズを虹彩の上に固定する「前房型」と、虹彩と水晶体の間に固定する「後房型」の2種類があります。

杉田眼科では、主として後房型のICLを実施。

どちらの方法でも、角膜に3mm程の小さな穴を開け、そこから折り畳んだレンズを挿入し、眼の中で広げて固定します。

眼の中にコンタクトレンズを入れたと同じ状態です。

管理人 ピンク 右

ICL手術の適応者は、20歳以上で、近視以外に眼科疾患が無い方に限られます。

 

杉田眼科のICL料金

乱視なし:76万円(税込)
乱視あり:要確認

※前金として片眼につき20万円を支払う必要があり。
※術後1年間の検診費用込み。

適応検査

無料(適応可なら後日に詳細検査あり)

 

ICLはレーシックより安全

ICLレンズ

レーシックも近視の矯正手術ですが、あまりに強い近視は矯正しきれません。そういった方はICLが適応されます。

また、角膜が薄い方や円錐角膜の方もレーシックは行えませんが、ICLは行えます。

ICLは、コンタクトレンズの入れ替えや眼鏡の掛け替えが面倒な方、職業上眼鏡が掛けられない方におすすめな視力矯正法です。

フラップを作り、レーザーを当てるレーシックは、術後に視力が低下してしまったら再手術が必要となることがありますが、ICLならレンズの入替だけなので安心です。

レンズの出し入れが自由なので、加齢と共に白内障になった時などは、一旦取り出して白内障の治療を受けることも出来ます。

フラップを作らないので、術後ドライアイを起こしにくく、コントラスト感度の低下、ハロ・グレア(光が滲んで見えたり、極端に眩しく感じる現象のこと)も起こることは殆ど無いので、術後早くからクリアな視界を得ることができます。

あわせて読みたい!

 

レンズは生体適合性が高く安全

ICLの症例数
(出典:杉田眼科公式HP)

ICLで使われるレンズは、現在世界64か国で使われているレンズであり日本でも薬事承認を得ています。

ICLはフェイキックIOLの中では、国内で唯一、厚生労働省が承認しているレンズを使った手術でもあります。

現在もICLは世界中で症例数が増えており、1997年に初めてヨーロッパで承認されてから、韓国、米国、中国、日本と次々に承認され、その症例数は約30倍以上に増えています。

レーシックの手術の中での割合も日本国内では55%と、半数以上を占めるようになりました。

これはICLで使われているレンズが、水酸化エチルメタクリレートとコラーゲンを合わせた、含水性のソフトな素材で安全だからです。

眼の中に入るとコラーゲンが体内のたんぱくと結合してレンズの表面に膜を作るので、人間の身体に異物感を感じさせず、眼の中にしっくりと収まります。
 

穴あきのICLで合併症リスクも軽減

ICLの最新レンズには、目に見えない程の小さな穴が開いています。これは、眼の中に絶えず流れている涙の流れを妨げない為です。

このレンズを使えば、手術時間も短くて済むので、眼への負担を軽くして、患者さんの回復も早まります。また手術後の痛みも軽減出来ています。

更に、一番の利点は、ICLの合併症である白内障に罹る率が大幅に下がります。患者さんに取って、大変快適で身体の負担も少ないレンズなのです。

ただりデメリットとして、穴の開いた箇所に光が反射してしまうため、それに慣れるまでに時間がかかります。
 

杉田眼科データ

杉田眼科の外観
(出典:杉田眼科公式HP)
住所 東京都葛飾区東金町3-19-1
アクセス JR常磐線 金町駅北口から徒歩約3分
診療時間 平日 9:00~12:00 14:00~17:30
土曜 9:00~13:00
休診日 土曜午後、日曜、祝日
公式サイトはこちら