諸星眼科クリニック(西荻窪)のICLはどう?特徴や評判は?

諸星眼科クリニック

東京都杉並区西荻窪にある諸星眼科クリニックは、最寄駅から徒歩3分とアクセス良好。

院長はアメリカでの留学経験があり、英語による診察も可能なことが特徴です。

今回は諸星眼科クリニックのICLについて詳しく紹介していきます。
 

諸星眼科クリニックの特徴は?

検査室
(出典:諸星眼科クリニック公式サイト)

東京都杉並区西荻窪にある諸星眼科クリニックは、JR西荻窪駅の北口から徒歩3分の場所に立地したアクセス抜群の眼科クリニック。

皮膚科や婦人科などの他の医療機関も入った医療モールの中にあるのでわかりやすいです。

諸星眼科クリニックではICL手術は月曜日と木曜日に実施しています。土日や祝日は手術をやっていないので、そこは注意が必要です。

障害のある患者も気軽に受診できるように、院内バリアフリー化を行っています。

広々とした空間となっていて、リラックスした雰囲気でICL手術などを受けてもらうようにしています。

また、正確な診断と治療ができるように、最先端の医療機器を備えています。さらに院長はアメリカでの留学経験があるため、英語での診療を行える点が大きな特徴です。
 

ICL認定医を取得の眼科医

諸星計院長の診察
(出典:諸星眼科クリニック公式サイト)

ICL手術とは小さく薄いレンズを目の中に入れて近視や乱視などを治療する方法のことです。

目の中にコンタクトを入れる感じであることから、眼内コンタクトレンズと呼ばれることも。

ICL手術の何が優れているかというと、レーシックと違って角膜を削らずに手術ができるため、患者に対する負担が少ないことです。

またレンズは茶目の裏側に固定するため、外見への影響もありません。

日本国内では認可されたばかりで、これからの普及が期待されています。しかし、ICL手術を行うためには高度な正確さが要求されています。

諸星眼科クリニックでは、ICL認定医を取得している眼科医のもとでICL手術を行っており安心です。

またアメリカ留学で得た最先端の知識を活かして、エビデンスの高い治療を心がけています。

あわせて読みたい!

 

諸星眼科クリニックICL手術の流れ

諸星眼科クリニックでは、手術前日までにしっかりと準備を行い、手術当日は安心して治療を受けてもらってます。もちろん手術後のアフターケアもしっかり。

事前準備

最初にICL手術の可否のについて判定したり、眼内に入れるレンズの度数を調べるための適応検査を行います。

そしてカウンセリングで患者の手術に対する不安を取り除いていきます。

手術予定日の3日前から抗菌剤入りの点眼薬を指します。目にいる細菌の量を減らしたいからです。

手術当日

手術当日はまず、体温や血圧を測って体の状態をチェック。そして瞳孔を広げるために散瞳薬を点眼します。

さらに手術前には痛みをなくすために、麻酔作用のある点眼剤を投与します。

そしていよいよCL手術。患者の目の状態にもよりますが、手術時間は両目で約30分程度です。痛みもありません。

手術後は約1時間程度安静にして、目の状態や体調の変化がないか確認してもらいます。

安静にしている間に、手術後の生活や薬の注意点について説明があります。そして、状態の安定が確認できたらそのまま帰宅です。
 
 

諸星眼科クリニックのICL費用

ICL料金

ICL手術は保険適用外の手術であるため、基本的には治療費は全額自己負担。

諸星眼科クリニックでも治療費は自己負担であり、料金は両目で約70万円のようですが、詳細な金額は公式サイトでも明示していません。

カウンセリング時に下記のことなどしっかり確認しておく必要があります。

術前検査や術後検査の費用が含まれているか?
乱視の場合はどうなのか?
術後の保証期間はどのくらいか?
分割払いは可能なのか?

ICL手術は高額な手術であるため、支払い方法について悩む患者も少なくないでしょう。

管理人 ピンク 右

注意点として、諸星眼科クリニックではクレジットカード払いに対応していません。分割での支払いを希望される方は、カウンセリング時に必ず確認する必要があります。

 
 

諸星眼科クリニック詳細データ

西荻クリニックファームのビル

諸星眼科クリニックの住所

東京都杉並区西荻北3丁目32-12 西荻クリニックファーム1F

諸星眼科クリニックのアクセス

JR西荻窪駅北口から徒歩3分

診療時間

9:00~12:00、14:30~17:30

休診日

水曜、日曜、祝日、土曜午後

公式サイトはこちら